AMPPSを使ってWindowsでApacheを動かす設定メモ(3) LAN内の別のPCからアクセスする方法

Posted 2012年2月20日 | Auther dada | Category PC・デジタル | Tag タグ: , ,
Twitterにツイートする Facebookでシェアする はてなブックマーク

前々回の記事でインストールをやり、
前回の記事でサブドメインの設定について書きました。

今回はLAN内の別のPCからアクセスする方法を書きます。
前回のようなサブドメインではなく、ポートを使ってバーチャルホストを実現します。

まずはApacheをインストールしたPCが外部からのアクセスを許可しているか確認します。
他のマシンのブラウザから対象PCのIPアドレスを入力します。

IPアドレスは「コマンドプロンプト」で「ipconfig」と入力すると確認できます。
(スタートメニュー>プログラム>アクセサリ>コマンドプロンプト)

例:http://192.168.0.10/

これでAMPPSの画面が出てくればいいですが、出てこない場合はファイアウォールの設定が必要になります。

自分の環境では「Apache HTTP Server」として有効になっていました。

ポートを使ってバーチャルホストを設定する

ローカルPC内ならサブドメインを用いたバーチャルホストが使えますが、その方法だと他のPCからはちょっと手間がかかります。

なのでポート単位でバーチャルホストを実現する方法をここでは書きます。

まずは httpd.conf に使用したいポートを追記します。
「80」はAMPPSの管理画面のために残しておきたいので、「8080」や「8000」など空きポートを使います。

[AMPPSフォルダ]apacheconfhttpd.conf

Listen 80

Listen 80
Listen 8080

次にバーチャルホストの設定です。

[AMPPSフォルダ]apacheconfextrahttpd-vhosts.conf

<VirtualHost *:8080>
DocumentRoot "U:/http"
ServerName localhost
</VirtualHost>

肝は「8080」になっているところと、サーバーネームにサブドメインを付けないことです。
これで、下記のようにポート番号を指定してアクセスすれば見えるようになります。

例:http://192.168.0.10:8080/

上記のサイトがとても詳しいので参考にしてください。

上記サイトほか、ポート変更する場合は「NameVirtualHost」の設定も必要のようですが、自分の環境では変更していません。
単に設定し忘れただけなのですが動いているので良しとします。
どうせ自分しか見ないものなのでw

関連する記事

No Comments »

No comments yet.

Leave a comment

カテゴリー